鼠径ヘルニアって何?手術必要?

鼠径ヘルニアって何?手術必要?

聞きなれない単語かと思います。

体の出っ張りが気になって病院にかかったら言われた
そんな人にお話をさせていただきます。

ヘルニアとは

出っ張り飛び出しを意味する医学用語です。

ヘルニアが俗語として意味するものの中で、有名なものとしては椎間板ヘルニアがあります。
これは背骨の間の組織が飛び出すことで神経を圧迫するという病気です。

そのほかにも鼠径ヘルニア臍ヘルニア大網裂孔ヘルニアなどがあります。

鼠径ヘルニアとは

文字通り鼠径(股関節部)に起こるヘルニアのことです。

もともと人間の構造として、いくつか壁の薄くて弱い部分があります。

男性では鼠径に、
もともとお腹の中にある精巣が外へ出てくるときの通り道があります。
女性でもその通り道自体は使われませんが、胎児のときには存在しており、その名残が残っています。

この通り道の影響で、その部分は頑丈な壁で覆うことができていません。
もともと通り道の閉じが弱かったり、長年圧がかかると、腹膜(腹壁の一番内側の柔らかい膜)が伸びて、その部分からお腹の中の臓器が脱出してしまいます。
これが鼠径ヘルニアという病気です。

ゆえに中年から高齢男性に多い傾向があり、
お腹の圧がかかる(重いものを持ち上げたり、立ったままが多い)職業の方で多い傾向にあります。
また、通り道が上手く付かなかった幼児でも見られます。

症状としては出っ張り違和感を自覚することが多く、
痛みを訴える方もいらっしゃいます。

治療は

治すためには手術をするしかありません

なぜならば物理的に穴が開いている状態であり、薬などではどうしようもないからです。

手術は出っ張りの上を直接切る手術腹腔鏡で行う手術があります。

手術しないとどうなる

出っ張っているものが戻り、痛みを出していない場合はまだ問題ありません。

しかし、この出っ張りが戻らなくなると非常に危険な状態です。
戻らなくなってしまった状態を陥頓と言います。
陥頓では、脱出口に腸などの臓器が挟まり動けなくなってしまっています。
さらにはまり込んでいるだけでなく、
締め付けられ血が廻らなくなったり、腸管が狭くなったりしてしまいます。
これらにより壊死(細胞が死ぬこと)したり、腸閉塞になってしまいます。
腸閉塞についてはこちらで詳しくお話しします。https://surgeon-s.com/ileus/

陥頓が戻らなかった、腸などの臓器に損傷が疑われる場合は緊急手術が必要となります

そのため、緊急を要する状態でなくても、
基本的には待機的に手術をお勧めしています。

手術についてはhttps://surgeon-s.com/ing-hernia-ope/

最後に

高齢化が進んでおり、ますます増えていく病気かと思います。

手術自体は複雑ではなく、緊急時は命にかかわるため、
落ち着いているときに直してしまうのも悪くない手かと思います。

気になる人は外科のある病院へ相談に行ってください。
お大事に。